相続問題を解決する法律事務所

相続・遺言.JP

サービス内容

Service相続放棄・限定承認

相続放棄・限定承認

借金の相続

a

借金がある場合はどうすればいいの?

相続放棄・限定承認については、被相続人の債務の性質・内容・金額および資産状況などから総合的な方向性を示せる豊富な知識経験を有する弁護士に依頼するのが一番安全です。

メリット
当事務所に依頼した場合のメリット
1
相続放棄・限定承認の手続きをすべて引き受けます。
相続を知ってから3か月を過ぎていてもご相談ください。
  • ・被相続人の債務の性質・内容・金額および資産状況などから、相続放棄すべきか限定承認すべきかの判断をいたします。
  • ・相続放棄の書類作成、裁判所への申立をすべて行います。
  • ・被相続人が亡くなってから3か月以上経過していても,相続放棄できる場合があります。あきらめず当事務所にご相談ください。
  • ・相続放棄の場合,裁判所が放棄する相続人を呼び出して直接事情を聞くことがあります。この場合,弁護士でなければ,代理人として同席し,相続人に代わり意見を述べることは出来ません。
  • ・限定承認の書類作成、裁判所への申立をすべて行います。
  • ・限定承認した場合相続財産管理人の業務(債権届出の催告・公告、財産換価、配当)を代行いたします。
2
相続放棄・限定承認手続きで煩わされることがなくなり安心です。
  • ・相続放棄の手続きをすべて代行するので安心です。
  • ・限定承認後の相続財産管理人の業務を代行するので安心です。
  • ・限定承認によって不動産を買い戻す手続き(先買権)もご依頼により行うので安心です。
  • ・限定承認の手続きに関係する士業(税理士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士など)をご紹介いたします。
  • ・被相続人が経営する会社の債務を保証している場合は、場合によっては会社も破産手続きなどによって整理いたします。
3
相続の債務に悩まされず、安心して生活が送れるようになります。
  • ・相続放棄により相続債権者から債務の履行を求められても拒絶できます。
  • ・限定承認により相続債権者から債務の履行を求められても相続財産の範囲で履行すれば足ります。
  • ・限定承認で先買権を行使することにより住宅を確保できる場合があります。
  • ・被相続人の経営していた会社の整理もできます。
理由
当事務所に依頼した場合メリットが実現できる理由
確かな戦略と迅速な対応
  • ひとことで相続債務といっても、その性質・内容・金額、相続財産の状況などにより、どのような手続きを取ればよいのか、場合によっては被相続人の経営していた会社の整理(破産)などの手続きも取る必要があります。相続問題から法人の破産まで得意とする弁護士が複数で事件を引き受けご依頼者と相談しながらご依頼者にとって最善の方向性と戦略を立てます。
2
限定承認に必要な人脈・ワンストップサービス
  • 限定承認は、法律問題だけではありません。税務上の問題も生じますし、不動産であれば登記や売却などの問題も生じます。これらも解決できないと相続問題は解決できません。当事務所の所長は、15年の歴史を持ち会員数1000人を超える相続に関わる専門家の集団である特定非営利法人相続アドバイザー協議会の専務理事を務めております。協議会の会員(税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、不動産業者、FPなど)と連携を取り、相続問題をトータルで解決することができます。
3
相続問題に必要な資格と人間性
  • 相続問題には、もちろん資格に伴う知識・経験・ノウハウが重要ですが、さらに、人間性(謙虚・感謝・強さ・優しさ・気遣い・人間力)が求められます。資格と人格が伴って初めてご依頼者の幸せな解決を導くことができます。所長はじめ所属弁護士は、人間性を高めるため日々研鑽をしております。
サポート
自由が丘で弁護士数最大の法律事務所のサポートを!
弁護士 奈良恒則

相続問題は、法務・税務・不動産など様々な問題が絡み合いしかもなかなか全容が見えません。またトラブルは親族間の問題だけに精神的にも負担の大きいものです。相続トラブルに遭遇した方の、正しい解決の道筋を示してもらいたい、精神的な負担を軽くしてもらいたいという要望を実現し、幸せな人生を歩むお手伝いをすることが地域最大の事務所の役割です。 お気軽にご相談ください。

弁護士 奈良恒則

ページトップへ